おしゃれを楽しめる度入りカラコン【魅力的な目元に変身】

メンズ

新しい自分を発見しよう

めがね

顔の縦幅を測ろう

メガネは形状や素材、色など、さまざまな要素によって掛ける人をいろいろなイメージに演出してくれます。そのため、選び方を間違えると相手にいい印象を与えなかったり、場違いな雰囲気になる場合があります。万人に受け入れやすい眼鏡の選び方を知っておきましょう。顔の大きさや形状は人により異なります。大きなメガネを掛けたいと思っても顔立ちが小さすぎればメガネばかりが目立ってしまい、不釣り合いになります。メガネの縦幅は、眉から顎までの長さの三分の一の大きさが適正といわれています。縦幅が狭すぎると、顔が大きく見えてしまいます。逆に縦幅が広すぎるとメガネが頬に触れてしまったり、重さが出るためにずり下がっていきます。選び方の一つに縦幅を考慮しておきましょう。

素材で印象を変えよう

メガネの縦幅のイメージが決まったら、次に横幅を考えていきます。こめかみに食い込むほど小さなものを選ぶと毛細血管の流れが悪くなり、体に影響を与えます。また、こめかみに強く当たることで前へずれ下がる傾向があります。こめかみに対して隙間の空いた幅のメガネを選びましょう。掛け心地に少しのきつさや緩さがある場合には、掛ける人の顔にフィッティングしてくれます。適正のサイズに違和感がある人は日頃からメガネを掛け慣れていない場合があります。下部がナイロールの糸で吊ってあるセミリムレスや、完全に縁の無いリムレスフレームを選ぶと違和感が無くなります。セルフレームは存在感があり個性が打ち出せるので、選び方を素材によって変えてみると新しい自分と出会えるかもしれません。